【2024年最新】オペレーティングリース|オペレーティングリースの窓口は法人の税金対策・節税対策に効果的なオペレーティングリースのセレクトショップです[PR] 

オペレーディングリースの窓口で節税対策

オペレーティングリースで節税対策

[引用]YouTubeチャンネル「脱・税理士スガワラくん」

オペレーティングリースに投資をする最大のメリットは、節税対策です。 たとえば、航空機や船舶のオペレーティングリースに出資した場合、法人様であればリース費用を減価償却費として経費計上することで利益を圧縮し、企業の税金対策(税の繰り延べ)に。 会社の利益が圧縮されれば、自社の株価を抑えることにも繋がるため、事業承継時に発生する相続税等を低くすることも可能。 さらに、契約期間の終了後のリース資産は売却が前提のため、航空機や船舶の売却益を期待でき、出資した分の資金を回収することもできるのです。 このように、企業の決算・承継時のタックス・プランニングとして効果的に活用することができる点が、オペレーティングリースの大きなメリットといえます。

※船舶は令和5年の税制改正で利用できなくなりました。

オペレーティングリースのデメリット

オペレーティングリースのデメリットは、約10年間出資額が戻ってこないことです。なのでキャッシュに余裕がある会社じゃないと厳しいでしょう。

Review

オペレーティングリースの喜びの声

オペレーディングリースで節税(航空機 会社経営)

40代|会社経営

一口1,000万円のオペレーティングリースを10口1億円分購入

航空機のオペレーティングリースをオペレーティングリースの窓口経由で1億円分購入し、2年間で100%経費に落とせました。1年目は7,000~8,000万円経費計上でき、2年目で2,000~3,000万の経費計上ができました。

50代|病院経営

一口1,000万円のオペレーティングリースを20口2億円分購入

航空機のオペレーティングリースをオペレーティングリースの窓口経由で2億円分購入し、2年間で100%経費に落とせました。1年目は1億7,000~1億8,000万円経費計上でき、2年目で2,000~3,000万の経費計上ができました。

法人の賢い節税対策は
オペレーティングリースの窓口へ

リース会社の枠を超えて
幅広い商品をご提供いたします!

オペレーティングリースの窓口は法人の税金対策・節税対策に効果的なオペレーティングリースのセレクトショップです。

プライバシーポリシー
© ADMafia